廃棄する場合

パソコン廃棄における注意点について

パソコンを廃棄する場合やレンタルPCを返却するような場合には、データ消去を確実に行う必要がある。 特に企業においては社内の重要なデータや個人情報などを扱っているケースもあり、パソコン廃棄などを契機として個人情報の漏えいが発生すると大問題になりかねないためである。 このようなパソコン廃棄などの場合にデータ消去を行いたい場合に有効なのが、データ消去サービスの活用である。特に企業などで、まとまった台数のパソコンを入れ替え、廃棄するような場合にはデータ消去サービスの活用は特に有効な手段となる。 但し、このようなデータ消去サービスを活用する場合においても、委託先の企業の情報取り扱い方針を十分に確認した上での利用が重要になる。

データ消去サービスの活用について

データ消去サービスを活用する場合には、いくつか知っておくとよいことがある。まずは、これらのサービスでは通常、専門の担当者を社内などに派遣してもらい作業を行うサービスと、センターに送付することで消去するサービスの大きく2つのサービスを行っているケースがある。 パソコンなどを社外に元出さずにデータの消去サービスを利用したい場合には、担当者を派遣してもらい、消去を行うことが最適になる。しかし、通常担当者の派遣では、その費用が高くなるケースがある。その為、費用を優先してデータ消去したい場合には、センターに送付することで消去してもらうことが最適となる。 また、消去方法についても物理的に破壊して読み出せなくするものと、ソフトにより消去する方法があり、状況によって選択することができる。